BTOパソコンとは

acf5ca2a8e04f6f2292beb8fcdfb6637_s-1024x683

BTOパソコンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
BTOとは受注生産の英語の頭文字を取ったBuild To Orderの略で、BTOパソコンはオーダーメイド形式のパソコンのことを言います。
有名どころだと、Dell、HP(ヒューレット・パッカード)、Lenovo(旧IBM)、NECやEPSONなどもBTOパソコンを取り扱っています。
海外でパソコンと言えばBTO形式を指すほど普及しています。

なぜ、BTOパソコンという形式があるのか、家電店などで売られているメーカー製パソコンとは何が違うのでしょうか。
自作PCと比べてどんなメリットがあるのでしょうか。
ここではBTOパソコンの魅力・メリット・デメリットなどを語っていきたいと思います。

BTOパソコンと自作PCとの違い

BTOパソコンと非常に近い関係にあるといえば、自作PCでしょう。
メリット・デメリットを挙げていきます。

BTOパソコンの方が優れている点

  • 専門的な知識が少なくて済む。
  • 規格・相性などを調べる必要がない。
  • パソコン単位で保証が付くため、自作PC特有の自己責任がない。
  • 部品単位で買い集める手間・組立て・加工の手間を省ける。
  • 同じパーツを使用した場合、自作PCよりも安くできることが多い。

自作PCの方が優れている点

  • 知識があればこだわり抜いた、自由度の高い構成が組める。
  • 古いパソコンからパーツなどを流用して使用できる。
  • 自分で自由に触れるので、小回りが利く。

自作PCは上級者向け、BTOパソコンは中級者向けと言えるでしょう。
自作PC歴の長い人なら解ると思いますが、パーツ代だけ単純に合計すると自作PCの方が安くなることもあります。
が、意外と想定していない費用がかさむのが自作PCです。
友人に「安くパソコン組んでやるよ」など安請け合いして、足が出て自腹を切る、というのもあるあるです。
なぜならPCパーツ店はちょっとした小物で多く利益を取っています。
パーツに個別にそれぞれ利益を乗せて、小物でガッツリ利益を取っているPCパーツよりも、単価が高く、サポートの手間が少なく、1つの製品として販売されるBTOパソコンの方が、販売側は安く売りやすいのです。
価格重視なら、結果的にBTOパソコンという選択肢が正しいのではないかと思います。
趣味で愉しむなら断然自作PCですけどね。
▲ トップへ戻る

BTOパソコンのパーツ選び

性能を重視か、安定性を重視か、静音性を重視か、など人によって重視するパーツは異なります。
全てをバランス良く選んでいきたいですが、予算もありますので多くの人は全てを高いグレードのパーツに、とはいきません。
逆に低予算で多方向にバランスを考えすぎると、中途半端な使い勝手の悪い仕様のパソコンになってしまいます。
重視する部分によって注力するパーツをおすすめしていきます。

性能を重視するときに注力するパーツ

性能/グレード グラフ1せっかくですから、買い替える際は高性能のパソコンを手に入れたいですよね。
主にパソコンの性能、速度などが向上し、予算を割り振ると処理速度の向上が見込めます。
性能に関しては、1点に予算を割くよりも、下記にあげたパーツをバランス良く予算を配分した方が総合的な性能は向上します。

1位 CPU パソコンのスペックでも真っ先に挙げられます。頭脳となるパーツなので、重視しましょう。
2位 SSD 現在のパソコンで、SSDがあるのとないのでは全く体感速度が異なります。低容量でも良いのでSSDを選ぶべきです。
3位 グラボ グラフィック性能を向上します。必ずしも必要ではないですが、画像・動画処理や3Dゲームなど、グラフィック性能が必要なシーンが今後増えていくことは想像に難くないでしょう。
4位 メモリ 一時記憶領域です。不足するとパソコンの動作が鈍くなったり、フリーズしたりします。充分に余裕を見ておきましょう。
5位 マザーボード パソコンのメイン基板で大事なパーツです。BTOパソコンでも種類を扱うためには技術が必要なので選べるショップが少ないです。

安定性を重視するときに注力するパーツ

Cooling/グレード グラフ1どんなに速い高性能なパソコンを手に入れても、不安定だったり、故障したりすると使いにくく、がっかりです。
安定した電源供給、しっかりした安全装置・内部冷却、メンテナンスが容易であればトラブルのないPCライフを送れます。
高性能なパソコンは高負荷時には高温になりやすく、不安定、故障などの原因にもなります。内部エアフローには十二分に気を配りましょう。
パーツ構成だけでなく、設置環境を見直したり、定期的な掃除・消耗品の交換など、パソコンを使用・管理する人が大事にメンテナンスしてあげることも大切です。

1位 電源ユニット パソコンの安定性を重視するなら最初に電源です。完全に安定した電力が供給されていればパソコンはそうそう故障することはありません。80PLUS認証も目安になります。
2位 ケース エアフローの高いケースを選びましょう。ケースの種類を多く選べるBTOショップがおすすめです。
3位 ケース内ファン類 吸排気をしっかり行っていれば、自分で交換するのも難しくありません。
4位 CPUクーラー パソコンの頭脳CPUを冷却する重要なパーツ。水冷など高い冷却性能のCPUクーラーは夏場の厳しい時期に大活躍します。
5位 マザーボード 最上位のモデルを選ぶ必要はありませんが、安全装置やフェーズ数など上位グレードのものは安定性に優れています。

静音性を重視するときに注力するパーツ

静音性/グレード グラフ1気になる人と気にならない人、意見が分かれるのがパソコンの動作音です。
CPUクーラーのファン、グラボのファン、ケースのファン、電源のファンなど冷却装置、HDDやコンデンサ類などパソコンの各所に内蔵されていて、当然動作に音を発します。
ローグレードのパソコンなど低発熱のパソコンに慣れている人は、高性能のパソコンに乗換えると動作音に驚きます。
パソコンを静音仕様にしようとすると、どうしても性能や安定性など他の要素が犠牲になります。こだわりが強すぎると、費用も青天井にかかります。
どこまでが許容範囲なのか、予算と合わせて吟味しましょう。

1位 ケース 静音ケースを使用するのが静音化への最初のアプローチ。密閉性の高い静音ケースは段違いに動作音を抑えてくれます。
2位 CPU 低発熱のCPUにすると冷却装置が少なくできます。内部にCore i5、Core i7など上位グレードにも動作周波数を少し抑えた低発熱仕様のCPUがあります。
3位 ケース内ファン類 静音ファンや大口径のファンに交換すると、動作音を抑えられます。静音タイプのファンは回転数が低いので冷却装置としての性能はやや劣ります。
4位 電源ユニット 標準でファンを1つ2つ内蔵しているうえ、コンデンサ類が低周波の小さい音を発します。グレードの高い電源ユニットの方が経年劣化が少なく、静音化が期待できます。
5位 CPUクーラー 水冷クーラーなどに代表される自作パソコンやBTOパソコン定番のカスタム。高性能と静音を両立させるために欠かせないパーツです。

用途によって

HDD 必要な容量は千差万別です。大きな容量のファイルを多く保存するなら充分に余裕をみておきましょう。
アプリ・ソフト類 パワポ・Excel・WordなどのMS Officeやセキュリティソフトなど、多くの人に必須のアプリ・ソフト類も予算に入れておきましょう。
地デジ パソコンで地デジを視聴・録画するなら。
ブルーレイ DVDドライブのない仕様のパソコンも増えてきていて、光学メディアのリーダーは必須ではなくなりましたが、やはりあると何かと便利。

▲ トップへ戻る

BTOパソコンのパーツ解説

各パーツをもう少し詳しく解説していきましょう。

CPU

CPU イメージ画像
パソコンの頭脳です。処理速度に大きく影響します。
周波数に目がいきがちですが、周波数が変わらないから古いCPUで充分、と考えるのは早計です。
同じ周波数でも新しい年代のモデルほど設計がコンパクトになり、最適化・高速化されています。
10年前のCPUの3GHzと現在のCPUの3GHzではコアあたりの性能が10倍以上異なります。
また、周波数が頭打ちになっている今、コア数も周波数と同じか、それ以上に大事な指標です。
コアの処理空き時間を最適化してコア数を倍に見せるハイパースレッディング機能の有無や、キャッシュのサイズなども性能に影響します。

CPUシリーズ
Intel Core i7 4コア~10コア、ハイパースレッディングあり。最高グレードのCPUです。一番下の型番なら3万円前後なのでミドルクラスPC以上なら。Core i7上位の型番は超高級品です。
Intel Core i5 4コア、ハイパースレッディングなし。PCゲームをするなら4コアはほしいところ。
Intel Core i3 2コア、ハイパースレッディングあり。半端な印象で人気はいまいちですが、手頃な価格と性能を両立します。
Intel Pentium 2コア、ハイパースレッディングなし。低価格帯で性能はそこそこに価格を抑えていきたい人向け。
Intel Celeron 2コア、ハイパースレッディングなし。ローエンドで価格が安いです。
AMD FX 8コア。コア数が多くインテル系CPUと比べ低価格ですが、トータルの性能は少し物足りないかもしれません。
AMD A10,A8,A6,A4 2~4コア。グラフィック重視で、インテル系CPUと比べ低価格ですが、CPUだけの性能を見ると少し低い印象です。

●CPUを重視すべき人

スペックの指針となる大事なパーツです。
ゲームや画像処理・動画処理などでは高いCPUのスペックが求められます。
CADやデザインなど、専門的なソフトウェアもCPUパワーを必要とします。
価格が高く、パソコンの予算に占める割合も高く、後から交換は割に合いません。

●CPUを安く済ませるべき人

CPUにはふんだんに予算を割きたいですが、多くの人は予算が限られているでしょう。
3Dゲームなどをしない人で一般的な用途なら、現行製品でCPUの全くスペックが足らず動かない、ということはまずありません。
CPUはこだわりすぎると天井知らずに予算が必要となります。
価格重視で安く済ませて他のこだわりやスペックアップを優先する、スペックが不足を感じる時期まで使ったらおとなしくPCをまるっと買い替える、という考え方もあります。

メモリ

メモリ イメージ画像
パソコンの一時記憶領域。
DDR4、DDR3など規格があるので注意しましょう。2133、1600など後に続く数字が早いほど高速です。
不足するとパソコンが重くなったり、フリーズしたりします。
PCの自作経験はなくとも、メモリを増設した経験がある人は多いのではないでしょうか。

メモリ容量
2GB スティックPCやNUCなど小型PCでたまに見かける容量。不足する可能性あり。
4GB Windows10がだいたい問題なく動くメモリ容量。不足する人は少ないけどいるでしょう。
8GB 一般的なPCの使い方でまず不足しないであろう容量。多重にウィンドウ立ち上げたりしてもまず大丈夫。
16GB 費用的には大したことはないので中グレード以上のPCなら余裕を見てこのあたりに。普通の用途にはなぜこんな容量が必要なのか疑問に思うかも。
32GB CADやAdobe系、研究用など専門的な用途でまれに必要とされる。この容量にしても、スペックの高いPCなら予算の割合としては低いです。
64GB、128GB デザイナーや特殊な用途、メモリ不足にトラウマがある人とか。

●メモリを重視すべき人

容量あたりの価格が安く、パソコンの予算に占める割合が低いので、余裕を見て大きな容量を選んでも負担が少ないです。
後から増設しようとするとメモリ同士の相性問題が起こる可能性があるので、古いメモリまで入替えする必要があり、無駄な出費になることも。
使わないかもと思っても、少し大きめの容量を選んでおくことをおすすめします。

●メモリを安く済ませるべき人

メモリの容量アップ費用は安いので、低い容量のメモリにしても価格があまり変わらず、予算削減の効果は薄いです。
いかにPCを安く組めるか挑戦している人、リスクを天稟に掛けて、わずかでも安く抑える決意の固い人はメモリも削りましょう。
後々にメモリ増設や交換をしようと思えば、作業自体は難易度が低くやりやすいでしょう。

SSD

SSD イメージ画像
PCの電源を落としても消えない記憶領域です。
SSDはHDDの代替として普及が進んでいて、人気のストレージ。
パソコンのスペックの指標として輝かしく表記されるのはCPUやメモリ容量ですが、パソコンの反応が遅かったり、Windowsの起動が遅いといったストレスとなりやすい現象はストレージの速度が低いことが原因の1つと言われています。
SSDはHDDよりも断然高速でシークなどの遅延動作が少ないので、HDDのみのPCからSSDのPCへの乗換えで、劇的に操作性は向上します。
HDDなし・SSDのみのパソコンも増えてきています。
今パソコンを買い替えるなら、SSDなしのパソコンにするのはもったいないです。

SSD容量
30~80GB 現在では容量が少なすぎてあまり使われなくなりました。
120~128GB Windowsをインストールするだけなら問題ない容量です。大きなアプリを入れたりすると容量を圧迫するかもしれません。
240~256GB 使いやすく価格も手ごろな容量です。HDDも大きな容量ならパーテーション分けする人が多いので、OSインストール用としては必要充分と考えられるでしょう。
480GB~512GB かなり余裕のある容量です。1GBあたりの単価が安いので人気の容量です。
960GB~1TB HDD並に大きな容量ですが、SSDの使い方とこの容量1台のSSDの単価を考えるとハイスペックPC向けの容量です。

●SSDを重視する人

SSDの価格は年々下がっており、OS用に充分な容量だけならSSDも低容量で済みます。コストは安いでしょう。
SSDは設計上、高い容量の方が高速である型番が多いです。
ストレージは空き容量が少なくなったり、長く使っていると速度が低下しますが、空き容量が充分であれば、速度低下も抑えられます。
大容量のSSDで容量を気にせず、快適にPCを使いましょう。

●SSDを安く済ませるべき人

ストレージの速度にも限界はあるので、容量を余らせすぎても高速にはなりません。
容量を使う予定が全くなかったり、マメにストレージのマネージメントができるような人には小さな容量のSSDでコストを抑えましょう。
予算が極めて限られていて、容量だけは必要で、PCが動けばいい、という人にはHDDだけのパソコンという選択肢も。

HDD

HDD イメージ画像
PCの電源を落としても消えない記憶領域です。
SSDよりも容量単価が安いので、データの多い人はSSDの他に内蔵HDDを入れておくと良い。
ただ、USB3.0・USB3.1といった高速規格の普及と、外付けHDDが内蔵HDDに近い価格で普及してきているので、必須とは言えません。

●HDDを重視する人

OSはSSDに、プログラム類は内蔵HDDに、と分けてインストールしたい人、内蔵HDDにデータを置いておきたい人など、まだまだ需要は高いです。
バックアップを取ったりするにも、内蔵HDDは外付けHDDよりも安く、気軽に扱えます。

●HDDを安く済ませるべき人

内蔵はSSDのみで外付けHDDの方が利便性がいいと思える人、SSD容量に充分な余裕がある人、データ用にはNASなどを使ってるという人など、内蔵HDDをあえて必要としないPC運用も充分考えられます。

グラボ

グラフィックボードイメージ画像
グラフィックボード、ビデオカード、VGAなどとも言われます。
PC用モニターにパソコンの画像を映すためのパーツです。
現在はそれだけの用途に限らず、どちらかというと3Dゲームや高度な画像・映像処理におけるグラフィック処理の性能を上げるために必要とされます。
4K、8Kといった高画質が標準になりつつあり、最上位のグラボでも最新ゲームを4K最高画質で、とはなかなかいかなくなっています。
数千円の安いものから、高価格帯では数十万円クラスまでピンキリです。
複数のPC用モニターに3画面、4画面操作を行う際にも使用されます。

グラフィック
Intel HD Graphics インテル系のCPUに内蔵されているグラフィック。年々性能は向上していますが、高画質の3Dゲームなどには別にグラフィックカードを用意するべきでしょう。
GeForce GT720
GeForce GT730
低価格帯のグラボ。主に複数のPCモニター仕様や軽いゲーム用途などに使われます。
GeForce GT740 このあたりからゲームもこなせるようになってきます。最新の高画質ゲームは難しいでしょう。
GeForce GTX750Ti
GeForce GTX950
ゲーミングにも使えるエントリー仕様のグラボです。少し前の3Dゲームなら問題なく、最新の高画質ゲームも設定によっては動くでしょう。
GeForce GTX960 ゲーム用グラボのミドルレンジで、ほとんどの3Dゲームはプレイできるのではないでしょうか。
GeForce GTX970 定番の人気グラボ。ほとんどのゲームが高い画質設定で動作できます。価格はカードだけでPS4一台分と高級品です。
GeForce GTX980
GeForce GTX980Ti
高価格帯のハイエンドグラボ。個人でこのグレードのグラボを持っていればゲーマーでもパソコンのスペックで自慢できるレベルかもしれません。
GeForce GTX TITAN系 ゲーム用の一般向けグラボでは最高峰になります。価格も非常に高くなっています。
GeForce GTX1070 GeForce GTX970の後継で最新のグラボ。
GeForce GTX1080 GeForce GTX980の後継で最新のグラボ。

●グラボを重視する人

最新の3Dゲームを楽しむ場合は、ゲームの動作スペックに応じたグラボが必要です。
4K出力に対応したゲームも増えてきていて、高設定でプレイするにはグラフィック性能が重視されるシーンは増えてくるでしょう。
今後大きく普及が予測されるVR(ヴァーチャルリアリティ)などの新技術にも高性能なグラボが推奨されています。
その他、CADやイラストレーション、動画編集といった専門的なアプリを使う場合も、使い方によってはハイエンドのグラボが必要です。
複数のPCモニターを使用してデュアルモニター、トリプルモニターといった使い道でもグラボがあった方が良いでしょう。この場合は、上のグレードのグラボは不要です。
4KのPCモニター、4Kのテレビなどに接続する場合は、単純計算でフルHDやそれ以下の画質の4倍のグラフィック性能が必要です。

●グラボを安く済ませるべき人

サブPCなど、ネットとメール、MS Office程度のの使い方しかしないPCにはグラボは不要です。
CPU内蔵のグラフィックを使用しましょう。

電源

電源ユニット イメージ画像家庭用の交流電源をパソコンの各内部機器用の電力に変換するパーツです。
グラボやCPUに高性能なパーツを選ぶと、応じてワット数の高い電源を選ぶ必要があります。
各パーツが消費する最大ワット数のの合計の2倍 (例えば最大ワット数が250Wのパソコンの構成なら 500W)が最適な電源容量の目安と言われています。
高性能な電源は、ショート保護や過電流保護など、安全機能も豊富に付いています。
80PLUSという認証を得た電源は、変換効率が一定の基準に達しないと認められないため、80PLUS認証のグレードは電源選びの目安になります。

グレード 電源負荷率 50% 電源負荷率 100%
80 PLUS スタンダード 80% 80%
80 PLUS ブロンズ 82% 85%
80 PLUS シルバー 85% 88%
80 PLUS ゴールド 87% 90%
80 PLUS プラチナ 90% 92%
80 PLUS チタン 92% 94%

▲ トップへ戻る

BTOパソコンのおすすめショップ

知名度、カスタマイズ性、納期、評判など選ぶ基準は人によりさまざまです。
全国展開しているショップや大手メーカーなどは、コールセンターを海外に外注しています。サポートに電話したら日本語がカタコトで言いたいことが通じない、という経験がある人も多いはず。
大手だからという理由だけで選ぶよりは、カスタムの自由度や評判の高いショップなど総合的に選ぶのもおすすめです。

マウス
ドスパラ
パソコン工房
ツクモ
サイコム
パソコンショップSEVEN
storm (ストーム)
アーク
レイン
ワンズ

▲ トップへ戻る